新しい講座がスタートします!

境界性人格障害

1/2ページ

境界性パーソナリティ障害の治し方は?治療方法の種類について

境界性パーソナリティ障害の治し方は?治療方法の種類について 近年になって、年々、境界性パーソナリティ障害の患者数が増加しているといわれていて、決して珍しい病気ではなくなってきています。 そこで今回は、境界性パーソナリティ障害の治し方、治療方法の種類についてまとめてみたいと思います。 境界性パーソナリティ障害の治し方は?治療方法 境界性パーソナリティ障害は、生まれつきの生物学的な要因と、養育環境など […]

境界性パーソナリティ障害の診断基準について|DSM-5

境界性パーソナリティ障害の診断基準について|DSM-5 境界性パーソナリティ障害は、他の精神疾患との併合、合併する割合が高い病気です。 合併しやすい病気には、PTSD、依存症、摂食障害(拒食症・過食症)、うつ病、パニック障害、他のパーソナリティ障害など様々あります。 そういうこともあって、境界性パーソナリティ障害は時間をかけて慎重に診断することが必要です。 境界性パーソナリティ障害の診断は慎重に […]

境界性パーソナリティ障害は何科を受診すればいい?保険適用は?

境界性パーソナリティ障害は何科を受診すればいい?保険適用は? ここ数年、日本国内における境界性パーソナリティ障害の患者数が増加しているといわれています。 境界性パーソナリティ障害の治療を精力的に行っている医療機関/病院が少なくないわけではありませんが、十分に足りているとは言えず、あせらずに受診先を探すことが大切です。 境界性パーソナリティ障害の受診は何科? 境界性パーソナリティ障害で医療機関/病院 […]

有病率は?境界性パーソナリティ障害の治療経過と予後について

境界性パーソナリティ障害の治療経過と予後について、有病率は? 境界性パーソナリティ障害は、治療に比較的時間がかかりますが、病院できちんと治療を続けることで症状が回復する病気です。 今回は、境界性パーソナリティ障害の治療経過と予後、有病率について書いてみたいと思います。 境界性パーソナリティ障害の有病率は? 境界性パーソナリティ障害の有病率は、人口の1〜2%の割合と言われています。 また、精神科の外 […]

[境界性パーソナリティ障害]居場所がない、生きるのが辛い空虚感に悩む

[境界性パーソナリティ障害]居場所がない、生きるのが辛い空虚感に悩む 生きるのが辛いと悩む境界性パーソナリティ障害 境界性パーソナリティ障害の人は、「生きるのが辛い」「生きにくい」「生きている意味がない」といった虚しさを心の中に感じている場合が多いようです。 ほかにも「自分は価値がない存在」という感覚をいつも感じている人もいます。 特に、激しい怒りの感情がおさまった後や、人間関係のトラブルの後に、 […]

人間関係のトラブルが多い!境界性パーソナリティ障害の症状

人間関係のトラブルが多い!境界性パーソナリティ障害の症状 境界性パーソナリティ障害の症状のひとつに、人間関係のトラブルが多いことがあげれます。 その原因として考えられるのは、白黒思考といわれる極端な思考や考え方です。 また、不安定な感情や衝動的で激しい行動の影響もあって、対人関係も不安定になりがちです。 人間関係のトラブルが多い境界性パーソナリティ障害 境界性パーソナリティ障害(ボーダーライン症候 […]

極端な行動や考え方「二極思考」が特徴的な境界性パーソナリティ障害

極端な行動や考え方「二極思考」が特徴的な境界性パーソナリティ障害 境界性パーソナリティ障害の人の考え方や行動に見られる大きな特徴のひとつは、考え方や行動が極端であることです。 ものの考え方や行動に柔軟性がなく、極端で「二極思考(白黒思考)」と呼ばれます。 境界性パーソナリティ障害の極端な二面性 とても明るく感じのいい人と思っていたのに、まったく別人かのように自分勝手になったりと、同じ人とは思えない […]

境界例(ボーダーライン)の意味とは?患者数はどれくらいの割合なの?

境界例(ボーダーライン)の意味とは?患者数はどれくらいの割合なの? パーソナリティ障害のうち、患者数が多いといわれる「境界性パーソナリティ障害/境界性人格障害」は、境界性という言葉から英語で「ボーダーライン」と呼ばれることもあります。 どんな理由や背景、どんな意味で「境界例=ボーダーライン」という言葉が使われるようになったのでしょうか? また境界性パーソナリティ障害/境界性人格障害の日本での患者数 […]

感情、行動、対人関係が不安定な境界性パーソナリティ障害の症状について

感情、行動、対人関係が不安定な境界性パーソナリティ障害の症状について 境界性人格障害/境界性パーソナリティ障害の主な特徴としては、感情が不安定、行動が激しい、対人関係/人間関係がうまくいかない、という3つの点です。 また、境界性人格障害/境界性パーソナリティ障害の場合、本人だけでなく、まわりの人(家族や恋人、友達、職場の同僚)も苦しみ、問題が大きくなってしまう傾向があります。 感情が不安定、激しい […]

誤解?パーソナリティ障害は人格の病気ではない/種類と分類

誤解?パーソナリティ障害は人格の病気ではない/種類と分類 境界性パーソナリティ障害や自己愛性パーソナリティ障害などのパーソナリティ障害は、治らない病気と誤解している人がまだまだ多いのが日本の現状です。 パーソナリティ障害はかつて「人格障害」と呼ばれていたこともあり、この病名によって誤解が生まれてしまったとも考えられます。 まだまだ誤解の多いパーソナリティ障害について、言葉の意味や特徴についてまとめ […]